アンチエイジングに必要

アンチエイジングに必要なことを紹介するサイトです。

RSS 2.0

抗酸化物質が大事

年齢を重ねていくと肌の表面にはシワやシミが現れます。肉体的には体力は衰え、性能力なども低下していきます。なぜ人は年をとると老化していくのでしょうか。
人が老化していく大きな原因のひとつが活性酸素です。アンチエイジングと同じ時期に一般的に使われる言葉になってきたので知っている人も多いのではないでしょうか。活性酸素とは普通の酸素より酸化力が強力な酸素のことです。呼吸をしていると一定の割合で体内で活性酸素が発生します。その他ストレスや紫外線,喫煙,飲酒などいろいろな原因で活性酸素は発生します。
この活性酸素が体内の細胞を酸化して破壊していきます。コラーゲンやエラスチンが酸化されるとしわやタルミができ、内臓の細胞が酸化されるとガン、血管が酸化されると動脈硬化など病気の原因になります。
猛毒の活性酸素を消す働きをするのが抗酸化物質。体内で合成したり、食物から体内に取り入れたりして活性酸素を消していきます。
ビタミンCやビタミンEは食物からとる代表的な抗酸化物質で、体内で合成する物としてはSODやCoq10などです。
体内合成する抗酸化物質は40歳頃になると合成能力が落ちてしまい激減していきます。40歳頃を厄年と言い大きな病気になってしまう人が多いので薬 通販を利用する人も多いです。エイジングは体内で発生する活性酸素を消しきれないことが大きな原因です。